Author Archives: saiki

  • 0

INARI

Tags : 

手動射出成形機が組み上がりました。
キットのため購入後しばらく放置していた射出成形機を組み立てました。

部分点数も割と少なめでしたので2時間半ぐらいかかったかな。

小物しか出来ませんが型の設計のシュミレーションが出来ますし、改造パーツを作ったりするのに便利かと思います。

これで量産力を手に入れられるか(笑)


  • 0

RAW processing

デジタルカメラは撮影した写真をデータのまま保存します。
通常はカメラの内部で画像処理をして表示させていますが、万能ではありません。
上の左の写真のように強い西陽が当たって露出オーバーになってしまうこともよくあります。

今後デジタル写真の応用を少し続けてみようかと思います。

しかし、カメラのデーター保存でRAWをせんたくしていれば、各メーカーが提供しているRAW現像ソフトや、Photoshop,Lightroomなどで自分の好みに合った写真に修正することが出来ます。

出来損ないの写真に色を塗っていくというような感じかもしれません。
右の写真はアニメ映画っぽく仕上げてみました。

今後デジタル写真の応用を少し掘り下げてみようかと思います。


  • 0

Wind generator TEST

中華風力発電機をAliExpressより入手。
高台の風通りが良い場所に設置しましたが晴れた日の強風程度では5Wくらいしか発電しません。
太陽光に比べてかなりコスパ悪いかな。。。

仕様的には400WMAXなのですが。
オブジェと割り切れば良いかもです。

コアレス発電機を仕入れて改造してみるか。続く。。。

 


  • 0

pettine PV

NPO法人横浜発明振興会の会員様のPVを撮影しました。
当日少し風が強く風切り音を拾っている部分もありますが、正式版ではサウンド修正かけたいと思います。

個人発明の方々でもやはりプロモーションビデオは大切かと思います。
なんせ情報量が「半端ない」です。
文章やイラストでは説明が難しいところも一目瞭然。

FAB試作とともにPV制作サポート受付させていただいております。


  • 0

NPO法人横浜発明振興会WEBサイトを制作

NPO法人横浜発明振興会WEBサイトを制作しました。
http://hamahatsu.jpn.org/wp/
http://yokohama-hatsumei.com/
旧ホームページはNetCommons2で作られており10年近くメンテされていない状態のため、本格的に手を入れてNetCommons3に移行するより外観だけ一部手直しして、Wardpress(Vizvector使用)のサイトに移行する方法を取りました。
まだ新ドメインを取得していないため常時SSL化は出来ていませんが、プラグイン形式で対応できるためあとですぐに修正できます。
本サイトもWardpressだがnet上に色々な情報が上がっているので扱いやすいですね。

アイコンやキャラクタ、イラストなどは全て当社オリジナルで制作しました。(全てボランティア)
今後サイトの運営も当社で行っていきます。

Netcommonsのサイト

Wardpress+Vizvektorのサイト

 


  • 0

xmas decorations

WEBサイトを年末バージョンに致しました。

本年も多くの皆様にご利用いただき感謝致しております。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。


  • 0

hydroponics

水耕栽培始めました

以前より興味のあった水耕栽培。

Green Firmのキットを導入してスタートしてみた。
非常ににシンプルな構成なので、少し研究して改良版を作ってみようかと思案中。

このキットでは酸素の供給はあるもの、野菜工場のような水の循環がない。
空気に触れるとアオコが発生して良くないらしい。

しかし、グリーンインテリアとしても結構きれいなので今のところ満足している。
まだ初心者なので苗から購入して試験中。
写真は苗を植えて5日目。


  • 0

Winter holidays

年末年始営業日のお知らせ 12月28日(木)~1月8日(月)

20171215
有限会社ワッソパテントサービス

さて、年末年始の営業日につき下記のとおりにお知らせいたします。休業期間中、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。

来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります。今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

最終営業日 1227日(水)

休業期間  1228日(木)~18日(月)

営業再開日 19日(火)

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次 回答させていただきます。


  • 0

IoT Patents

Tags : 

IoTAI化社会のインフラ

夏休み後の決算から秋の出願ラッシュと、かなりオーバーフローしていました。
やっと一段落して久しぶりの更新です。

週末は横浜発明振興会の発明研究会で「IoT特許入門」というテーマで講演致しました。

20年ほど前に「ビジネスモデル特許入門」という資料を作りましたが、それを改編してIoT用にて講演に使用しました。
今回参加できなかった方のために画像にしましたのでご参照ください。

なんだか掴みどころのないIoT特許というものをソフトウエアー特許の歴史から、インターネット社会になって劇的に進化したビジネスモデル、そしてAIというキーワードで解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

かなり脱線しながらの展開でしたが、少人数のセミナーではそこが面白いかもしれません。
IoT特許は消して難しくなく、個人でも出願可能であるということを実例を紹介しながら討論していただきました。
実績のある個人発明家の方々が対象でしたので非常にスムーズに進行でき助かりました。
最後には自分にも出来ると思っていただけたようです。

次回は実際のセンサーをつかってどのように構成するのかというところ紹介したいと思います。


  • 0

prototype

発明プロデユースとプロトタイプ

知的財産権を取得しても、最終的にはハードウエアにならないと価値が生まれない。
横浜発明振興会渋谷様のペット用櫛のケースを紹介したい。

この物品の特徴は、動物の毛を梳くときに、抜け毛をほとんど飛び散らすことなく、取り除きにくいアンダーコートを取り除き、捕集することができ、すぐに抜けてしまう不要な毛までも捕集ができることである。

本件は特許取得済みの案件(特開2014-13122)であるが、今回はプロデュースさせていただくことになったため、
一部を詳細せていただきたい。

特許はそもそも、思想や概念で権利を取得することが多い。
従って権利取得できても、実際製品化するまでには更に研究開発が必要となる。

権利の範囲は出願した明細書のクレームに示されているので、その範囲内で再度デザインしていく必要がある場合が多い。
最近はデザインしていない商品は売れないので、個人発明家が企業に売り込んでも相手にしてもらえないことが多い。
発明品は千三つ(千品目出しても当たるのは三品目くらい)と言われているようだ。

本案件ではデザインを見直し、試作と意匠出願図面(6月末出願済)の作成をお手伝いした。
完成したプロトタイプは次のようになった。

弾性体は磁石で保持された一対の櫛で挟み込む構造として、掃除したりする際に着脱自在になるようにした。
目の粗さが違う櫛に交換したりするのも簡単になった。

この段階で意匠出願する意味は大きい、たぶん分かる人にはわかる。

取っ手の部分と櫛本体をホールドするキャップは連続した形状にデザインした。

櫛の部分を分解した写真。内部の清掃が簡単にできる。

軸の部分に磁石を埋め込んだ。ヒンジを使わなくても90度回転して脱落しない。

櫛を90度に広げて弾性体の着脱が簡単にできる。

2本の櫛と弾性体はキャップにより確実にホールドされる。

現在知人を中心にモニターしていただいているが概ね好評のようである。
後日一般モニターの募集も行う予定のため、もし使ってみたいという方がおられたら連絡頂きたい。


カテゴリーで検索

アーカイブ

パテントドラフトマンの雑記帳

子供の頃から絵を描くことが好きだった。
そんなに才能があったわけではない。
いろんなことに挑戦したが結局は好きだった絵を描く仕事をしている。
そんな特許・意匠図面屋の日々、気になることなどを綴ります。
(2005-2006のブログ「パテントドラフトマンの日記」の続編です)