Author Archives: saiki

  • 0

建築物・内装の意匠登録5

今回は作図上のポイントにつて少し掘り下げてみたい。

建築物の意匠に特有な図面の記載の留意点は下記のようなものがある。(特許庁 意匠登録出願の願書及び図面等記載の手引)

—————————————————————————————-

(1)建築物の内部について意匠登録を受けようとする場合

 建築物の中の一室等のように、「内側」の一部について意匠登録を受けようとする場合、 意匠登録を受けようとする部分の形状等及び用途と機能の認定に支障が無く、かつ、出願 人が建築物全体の形状等における、位置、大きさ、範囲がありふれたものであると考える場 合には、建築物の外側の開示は不要です。 

意匠登録を受けようとする部分の建築物全体における位置、大きさ、範囲に特徴があると 考える場合など、必要がある場合は、建築物全体を開示することもできます。 

(2)複数の構成物からなる建築物

 複数の構成物からなる建築物について一意匠として意匠登録を受けようとするものである 場合には、それらの位置関係が明らかとなる図を少なくとも一図開示します。 

(3)図の表示 

図の表示は、物品の意匠の意匠登録出願と同様に、【正面図】、【背面図】、【左側面 図】、【右側面図】、【平面図】、【底面図】、【〇〇断面図】、【〇〇切断部端面図】、【〇 〇拡大図】、【斜視図】、等を用いて記載しますが、建築図面に用いられる図の表示である 【東側立面図】、【西側立面図】、【南側立面図】、【北側立面図】、【屋根伏図】、【○○ 平断面図】、【○○立断面図】等を用いて記載することも可能です。 

(4)透視図法(パース図法)

 正投影図法、アイソメトリック図法(等角投影図法)、アクソノメトリック図法、キャビネット 図法、カバリエ図法の他、透視図法(パース図法)を利用することもできます。 

—————————————————————————————-

今回特徴的なのは建築物の内部のみの意匠(部分意匠)も定義していることにある。

内装の意匠が複数の意匠法上の物品などからなるものであることに対して、建築物の意匠の内部は意匠区分の異なる物品を含むことができない。

今後双方に重なる出願が出てくるような気がするが、後日交通整理がなされるのではないかと思う。

また、建築物や内装の意匠の作図においては透視図法が新たに必要図として認められるようになったが、万が一裁判になった際には正投影図法による資料を要求されることは避けられない。

正投影図法による6面図に準ずる図面を中心に構成することが望ましい。

下記のような出願も可能になるため、プラント建築分野などからの出願も今後増えてくるものと思われる。(画像の意匠の組み込み)


  • 0

建築物・内装の意匠登録4

今回不動産は初めて意匠権の保護対象となったと説明したが、
実は材料を工場で加工して現場で組み立てるものは「組立家屋」としてすでにかなりの数が意匠登録されている。
大量生産できて移設可能であることで「組立家屋」は動産であるという解釈である。
現在は個別設計のものでも工場でプレカットは当たり前なのでかなり曖昧な基準だ。
従って鉄筋コンクリートの建物は保護対象から外れていたのだが、出願図面上では組立家屋でも鉄筋コンクリートでも差異はない。

これらは、J-Platpatで検索するとすでに1384件の登録例があるので詳細な内容や作図方法などは参考になると思う。

建物自体かなり大きなものであるが、出願図面のサイズは小さいのでかなり簡略化する必要がある。詳細は先願を参考に対応すると良いと思う。
ちなみに登録例の10件前後は私も作図担当させていただいている。

過去には一般的な住宅に著作権があるかどうかを裁判で争われたケースも有る。
平成 16 年 9 月「グルニエ・ダ イン事件」ではグッドデザイン賞を受賞した建物のデザインに著作権があるかどうか争われたが、判決では著作権は認められなかった。
この事件を契機に「組立家屋」として意匠登録する物が増えたと言われている。

有名建築家が設計するようなデザイン性の高い建造物は、建物の著作物となりうるのであるが、グレーゾーンのものは今回の法改正で登録して堂々と権利主張できるようになる。ただ、建材などは従来から数多く意匠登録されていて、建造物の多くはそれらを利用している。
出願に際してはそれらが意匠の要部と認定されないように簡略化したり権利除外する(部分意匠)などして作図するよう気をつけなければならない。

以下に参考となる広報(J-Platpat)をリンクしたのでご参照いただきたい。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE/JP-2018-028030/6DD8808017550FC451F1507142821B3DC95073E9E0CE3F6A5A9EA18D4A4BD567/30/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE/JP-2018-003999/D22C699D3532AC1B34B1C34EC97FC51E39DFD018F1FBF41528D8D58884CF01B5/30/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE/JP-2018-004201/85886BAF35F01C1313700F46C950AF580100E650D495FC9A34E796A3A8E9E81D/30/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE/JP-2017-027322/530BF7EBC095EBB2AE3C1DAA2801306B778E33DA476B2C55FF5DACF6ECD2A444/30/ja


  • 0

建築物・内装の意匠登録3

今回は前回説明した立体商標に関して、実際にどのような登録例があるか紹介してみたい。

登録例がまだない建築物や内装の意匠登録に対して、すでに登録された立体商標を確認してみる事は意味があると思う。

確かに商標登録では有名な建築物しか登録されないと言う事実はあるにしても、どのような表現で出願されているかの参考にはなる。

百聞は一見にしかず。(出典:JPLATPAT)

登録5697448(2013)

登録5751309(2014)

登録5851632(2016)

登録5916693(2016)

登録5994143(2017)

登録6021151(2017)

商願2019-117926


  • 0

建築物・内装の意匠登録2

昨今アップルストアーなどに見られるような空間演出のデザインがブランディング戦略ににおいて重視されている。
ここで重要なのが「空間」「プロダクト」「商標」の3つの要素である。
空間とはすなわち建造物や内装などで、人々が心地よいと思うような環境を言う。
大事な要素にも関わらず工業所有権で保護されてこなかった分野である。
コメダ珈琲やいきなりステーキなどの店舗デザインが模倣されて、同様のデザインの店舗が増えたことは記憶に新しい。
そういえば中国の偽アップルストアーなども問題になっていた。
海外でも、米国や欧州は建築物・内装の意匠登録が可能となっている。
外内の建築物の図面作成について以前、代理人様からお問い合わせいただくことが何度かあったが、残念ながら国内出願は難しいという結論になった。

今回注目したいのは意匠法の改正と同時に立体商標の審査基準が改定になり、建造物や内装の部分的な登録申請が可能になったことだ。
具体的には部分意匠と同様に権利除外部分を破線で示すことになる。
以前は建物の立体商標は商標を含んだものでないと登録が難しかったので、かなり基準が緩和されて出願しやすくなったと言える。
商標審査基準[改定第15版]



 


  • 0

建築物・内装の意匠登録 1

本年度より建築物・内装の意匠登録が可能となりました。

コロナパニックでなかなかきも鈍いようですが、コロナ関連の内装の意匠出願図面のご相談も頂いております。

ただ、取り扱いのコツがなかなか難しい分野でもありますので弁理士の先生方ももやもやしているのではないかと思います。

特許庁からガイダンスも出されていますが、遠近法を使った図面の出願方法などに曖昧な表現の内容も散見されていて、判断に困る内容になっています。

図面様式などは米国出願の様式をある程度取り入れた様式になっておりますが、実際の運用に疑問が残りますね。

意匠登録出願の基礎(建築物・内装)

意匠の特定という登録要件は何ら変わっていませんから。。

せっかくですので意匠図面屋の立場から何回かに分けて特許庁のガイダンスを読み解く形でわかりやすく解説したいと思います。


  • 0

新年は6日(月)より営業開始いたします

本年も多くの皆様にご利用いただきありがとうございました。本日を持ちまして年内の営業は終了いたします。
新年は6日(月)より営業開始いたしますのでよろしくお願いいたします。


  • 0

キャッシュレス決済の5%還元対応開始いたしました。

消費税増税にともなう政府のキャッシュレス決済の5%還元事業に登録完了致しました。

クレジットカード決済で5%還元されます。(9ヶ月間限定)

ご希望の方はオンラインカード決済フォーム付き請求書をメールで発送致しますのでご利用ください。


  • 0

意匠の審査基準の改定

5月に意匠の審査基準の改定が行われました。
多くはハーグなどの国際意匠出願経由で日本に出願される外内の意匠出願に対応して、審査基準を緩和する内容になっております。

従って、海外出願が見込まれる案件に関しては基本的に従来どおりの方法で出願図面や写真を準備することをお勧めいたします。

以前は、不足している図面の作図や、余分な形状の削除補正などのお仕事をかなり頂いておりましたが仕事減りますね。(笑)

意匠出願の審査基準改定内容の詳細

1.「一組の図面」の要件廃止

意匠を明確に表す十分な数の図の提出があれば、提出する図の数は不問とします。

2.願書の【部分意匠】の欄の廃止

意匠登録出願について、願書の【部分意匠】の欄の記載が不要となります(パリ条約による優先権主張を伴い、

優先日が2019430日以前のものを含む)。

(分割出願や、特許または実用新案からの変更出願、補正の却下決定後の

新出願で、遡及出願日が201951日より前の部分意匠の出願については、

願書の【部分意匠】の欄の記載が必要。)

3.意匠登録を受けようとする物品以外のものの記載を容認

従来図面の中に意匠登録を受けようとする物品以外のものを表すことを許可されておりませんでしたが、

改訂後は、明確な図面の描き分けがなされているか、説明が記載されている場合は、意匠登録を受け

ようとする物品以外のものを図面の中に表すことが出来るようになりました。

4.中間省略の記載方法の緩和

従来電源コードなど、その中間部の図示を省略する際は、省略箇所について

2本の平行な1点鎖線で切断したように示し、その旨及び省略個所の図面上の寸法

を願書に記載する必要がありましたが、改訂後は、意匠の明確性に支障がない

場合は、様々な省略のための表現方法が出来るようになりました。


  • 0

意匠出願用図面作成で取扱可能な3Dデーターの種類

Tags : 

国内及び海外向け意匠出願に関し、お問い合わせの多い3Dデータの取扱について入稿可能な3Dデータは、
下記の通りとなりますのでよろしくお願いいたします。
3Dデータは必要に応じて適切な位置で断面を確認することができるので資料を要求する手間が省けます。

一般的にはSTEPデータが最も安定しているかと思いますが、隠しレイヤはすべて表示されてしまうので書き出し時には必ず削除をお願いいたします。

 


  • 0

INARI

Tags : 

手動射出成形機が組み上がりました。
キットのため購入後しばらく放置していた射出成形機を組み立てました。

部分点数も割と少なめでしたので2時間半ぐらいかかったかな。

小物しか出来ませんが型の設計のシュミレーションが出来ますし、改造パーツを作ったりするのに便利かと思います。

これで量産力を手に入れられるか(笑)


カテゴリーで検索

アーカイブ

Patent Designer’s Note

意匠図面、意匠写真の専門家という立場でより掘り下げたデザインの話、知財の話、気になる情報を書き留めます。