solar power2

  • 0

solar power2

Tags : 

太陽光発電研究会 suaoki ソーラー100W+ポータブル電源 120000mAh/400Wh

晴れた日には相変わらず実験している。
太陽光発電の情報もかなり断片的なので、結局自分で実験するのが一番だ。
今日はパネルが日陰に入った状態の検証。

屋根の上に設置するならあまり気にする必要のない日陰。
ベランダ設置となると屋根のひさしや建物のの影に入ってしまうことがよくある。
今回はその比較をしてみた。


まずは完全に太陽光が照射されている状態。
正午前後の時間帯なのでほぼ真上から光が当たっていて73Wを記録。


次に一部のセルを屋根の日陰に入れてみた状態。
たったこれだけ隠れただけなのに1/4位の発電量になってしまった。


ということは、効率的に発電するためには日陰は厳禁ということだ。
屋根の上に設置する必要性はよくわかった。

大規模に設置する方々はあまりやらないが、数枚の太陽光パネルで運用する独立系は角度を最適な状態にすることを考えたほうがよい。
次の写真のように日が傾くと影ができるので影とパネルで出来る三角形が直角三角形になれば最大発電量になる。

シンプルな構造で自動でこの角度調節が出来るようになればちょっとした発明か?
安く出来て簡単というのがベストだ。
少し考えてみることにしよう。。。。


Leave a Reply

カテゴリーで検索

アーカイブ

パテントドラフトマンの雑記帳

子供の頃から絵を描くことが好きだった。
そんなに才能があったわけではない。
いろんなことに挑戦したが結局は好きだった絵を描く仕事をしている。
そんな特許・意匠図面屋の日々、気になることなどを綴ります。
(2005-2006のブログ「パテントドラフトマンの日記」の続編です)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。